プリザーブドフラワーの特徴

プリザーブドフラワーとは、生花でもなくドライフラワーでもないとても不思議な花です。


水を上げる必要もなく、管理がきちんとしていれば、数年間は色もそのままの状態で楽しむことが出来ます。


生花から作られるプリザーブドフラワーは、特殊な加工をして作られています。



生花から樹液だけを抜き取り、特殊な染料を吸わせてから乾燥させます。

このような工程を踏むことにより、いつまでもきれいな色合いを楽しむことが出来ます。

また生花のようなみずみずしさやしなやかさも残すことが出来ます。
染料を吸わせることによって、もともとの色合いをよりきれいに保つだけでなく、自然界には存在しない色の花を作り上げることもできます。

中でも、代表的なものが青いバラや黒いバラです。このような色の花が作れることもプリザーブドフラワーの特徴の一つです。また作られているのは、花だけではありません。



花を引き立てるグリーンもプリザーブドフラワーの1種です。
バラの葉や、アイビーなどは、花を引き立てるための大切な役割を果たします。ドライフラワーと異なり、1輪1輪を加工していくため大変な手間暇がかかります。

そのため、価格は生花やドライフラワーに比べるとやや高めになっています。

しかし、生花やドライフラワーと違い数年から十数年間、その美しさを楽しむことが出来ます。

長期間楽しむことが出来ると考えると、それほど高い買い物ではありません。

NAVERまとめの最新情報を公開しています。

ギフトにも喜ばれるアイテムです。


Copyright (C) 2016 プリザーブドフラワーの特徴 All Rights Reserved.